米沢市の統計

graph.jpg
はーい!シゲちゃんでーす。

 今日は地元米沢市の現状を統計調査(数値)で見てみようと思うっす。ほとんどの自治体では少子化に伴う人口減少に頭を痛めているみたいっすね。年齢層の分布も高齢者が多くて若年層が少ない。そうなると財源の確保も難しくなる。かといって現状維持ではいろいろ問題も出てくる。

◎ 米沢市2013年版統計のサイト
◎ 米沢市の世帯数・人口数の推移(PDF2013年版)
◎ 米沢市市民の暮らしに関する統計(PDF2013年版)

 米沢市の公式サイトでは統計結果を分かり易いグラフで公開してるんすよ(2013年までの統計)。まあ見てほしいんすけど、人口推移から暮らしの情報まで載ってるんすね。現状を認識することは大事なことっすね。それにしても人口が減っている。毎日お年寄りが30人も亡くなって産まれる子供は2人でしょ。単純に計算すると差し引き年間で、(30人-2人)×365日=10,220人。毎年1万人も減っている。このままいくと10年後には米沢市の人口は?マジすか?人がいなくなる?

 まあいなくはなんないと思うけど、半分以下になるなんてこともあり得るんすかね?難しい問題っすね。そんな簡単に子供は増えないだろうし。でもやっぱ子供を安心して産んで育てられる環境を整備するぐらいは考えてほしいもんすよね。いやこの現状を見たらやってもらわないと困るつうことになるっすね。この辺の問題を市はどこまで考えて何をするのか注目したいと思うっす。
ではまた。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック