蛍光管の種類を勉強

keikoukan.jpg


はーい!シゲちゃんでーす。

 「パブ三日月」さんの看板の蛍光灯の交換は、ジェイ(J)先輩のご尽力で無事終了しました。ジェイ(J)先輩お世話様でした。実は私が型番の違う蛍光管を(ヤマダ電機さんで)買ってしまったんす。今日ヤマダ電機さんに持参して別のものと交換してもらいました。蛍光管を交換する際は、型番等をよく確認してから買い求めましょう。つか、ダメになった蛍光管をお店に持っていくのが一番なんすけどね。

 さて、転んでもただ起きないシゲちゃんです。この際、蛍光管について調べてみたっす。

keikou-tentou.jpg

 棒形蛍光管(直管型)のものを調査。すると画像のように、スタータ型、ラピッドスタート型、インバータ型の3種類に分かれるようです。ここ数年はLED型も登場してるすけど、価格と明るさの問題がまだ不安定なようです。ネット上でのお噂では「おすすめしません」という意見が多いみたいっす(ココ参照)。

 さて、蛍光灯にはFL型、FLR型、インバータ型があるようっす。この「FL」つうのは、「fluorescent lamp」英語で蛍光ランプの意味だそうっす。その頭文字のFとLなんすね。でFLR型のRはラピッドのRつうことっす。この3種類のランプは互換性がありません。それに長さと太さがあるわけっすね。私がここで云々語るより、詳しく書いてある以下のサイトをご覧くだせえ(手抜きっす)。ではまた。

参照)蛍光ランプのの品名と見方とサイズ
参照)木川電機商会さんのサイト(画像入りで分かり易いっす)
参照)蛍光灯(蛍光管)がつかない時になにを見たら良いのか?

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック