英語検定を楽しもう!

eiken.gif
はーい!シゲちゃんでーす。

 今日は「英語検定」、いわゆる英検についてっす。英検は年3回の試験が実施されます。今年度1回目の試験が6月12日に開催されたんすね。

 私は大学在学中に英語検定1級を受験し、幸運にも1回目の受験で合格できました。その頃は、会話表現力よりも聞き取りや長文読解力が中心の試験だったと思うっすね。今日(こんにち)、同じ英検1級を受験したら合格できるのかかなり疑問が残ります(実際無理かも)。

 そこで英検のホームページをのぞいてみたんすよ。やはりだいぶ内容は実践的に進化しているようっす。さらに今年から内容が変わるみたいっすね。最近は英検よりもTOEICやTOEFLの試験のほうが受験者数が多い傾向にあるみたいなんで英語検定協会も時代に合わせてきた感はあるっすねえ。

eiken2.jpg
 ↑ この画像をクリックすると「英検」の公式サイトが見れますぜ。

 さてこのサイト、内容も充実していて見ていて面白いんすよ。模擬試験もクイズ形式で楽しめるんす。プチ英検なんかは朝からはまったっす。中学や高校じゃ受験英語が中心で、実践向きじゃないなんて長いこと言われてきたんで、文科省も体制を変えて小学校から英語教育するようになってきたっす。実際のところ英語圏のネイティブと流暢(りゅうちょう)に会話できる日本人なんて限られてるんす(実際んとこ通じればいいんすけどね。ただボビー・オロゴンみたいだとねえ。あ、彼はワザとやってるらしいすけどね)。

 この英検サイトの2級2次試験の様子を見てみると楽しめるっすよ。下の画像をクリックして2級の面接試験を見てみましょう。

eiken3.jpg
       ↑ この画像クリックでバーチャル2次試験が見れるす

 今の人はネットがあって幸せだなと思うっすね。実に分かり易いっす。まあ、どんな環境でも最終的にはどれだけ真剣に取り組んだかってことなんすけどね。この時代に産まれたかったっす。

 私が20歳ぐらいんときはネットどころかCDすらなかったんすから。余談すけど、その頃、英会話のカセットテープとテキストを高額(38万円ぐらい)で買わされそうになったことがあるっす。当時、クーリングオフ制度ができたばかりで、事なきを得ましたが。一緒に買わされた友人とは疎遠になってしまったつう悲しい思い出もあるっす。

次回の試験は10月っす。今からもう1回チャレンジしてみっかなあなんて思うっすね。
ではまた。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック