参政権、71年ぶり拡大…18歳選挙権施行

senkyo.jpg

はーい!シゲちゃんでーす。

 本日6月19日、改正選挙法が施行(しこう)されたっす。以下の読売新聞の記事を読んでもらうと概要が把握できるっす。要は満18歳で選挙で投票できるつうわけっすね。山形県の各高校でも昨年11月から、文科省指導のもと副教材を使っての説明が行われてきたそうす。

参政権、71年ぶり拡大…18歳選挙権施行

選挙権年齢を「20歳以上」から「18歳以上」に引き下げる改正公職選挙法は19日施行され、国政選挙では22日公示、7月10日投開票の参院選から適用される。

 参政権が拡大されるのは、普通選挙権が認められた1945年以来71年ぶり。18、19歳の約240万人が新たに有権者となった。

 海外ではすでに「18歳以上」が主流で、日本も世界標準となった。参院選で投票権を得るのは1998年7月11日までに生まれた人で、18、19歳の有権者は全体の約2%と推計される。

 公示後に18歳以上であれば、投票の呼びかけなどの選挙活動も解禁される。文部科学省は昨年10月、校外での高校生の政治活動を原則として認める通知を出した。ただ、18、19歳の未成年であっても、買収など連座制の適用になるような悪質な選挙違反に関われば、成人並みの処罰を受ける。

 「18歳選挙権」は参院選公示後に告示される地方選にも適用される。いずれも7月3日の投開票が決まった福岡県うきは市長選(26日告示)や滋賀県日野町長選(28日告示)が選挙戦になれば、18歳による初の投票機会となりそうだ。

 また、今回の改正公選法の施行により、自治体の裁量で、駅や商業施設で投票ができるようにする共通投票所の設置や、期日前投票について、開始、終了時刻をそれぞれ最大2時間広げることができるようになった。

2016年06月19日 09時51分 Copyright © The Yomiuri Shimbun」

 全体の2%すか。少子化は深刻な問題っすねえ。ま、今後は全体数(分母)は減少傾向っすから「18歳以上」の割合は増加すると思うっすけどね。今月の毎日新聞の記事に「選挙権18歳 主権者教育、9割実施 文科省の高校調査」とあります。山形県の公式サイトによると、来年(平成29年2月)の県知事選も適応される見通しだとありました。

 最近の市町村の投票率って、40%から良くて50%台なんすよね。これが親子で投票なんてことになればどう変わるのかつうのも興味ありますねえ。まあ18歳つうと子供でもあるけど大人ってまではいってない。微妙な年頃なんすよね。ちなみに立候補は、つまり被選挙権については従来どおり(詳しくはこちら)だそうです。選挙活動で高校なんかにも選挙カーが行ったりして、でもそれは迷惑かも。

お、笑点の時間だ。
ではまた。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック