YOZAN戦士アヅマンジャー

sk.JPG

はーい!シゲちゃんでーす。

 今日は米沢(置賜)で活躍するキャラクターについて考察します。米沢といえばまず浮かぶのが「カネタン」グループっすね。オセンちゃんにケージロー(もうひとりいたような)を含むいわゆるユルキャラ系の皆さん(皆さんつうのも変かも)。

 次に「愛の武将隊」っすね。子供と何度か見ましたが、イケメンぞろいのカッケー鎧(よろい)兜(かぶと)の皆さんっす。イベント会場では好評を博しています。この武将隊系観光キャラは全国各地に存在してるっす。北海道から沖縄まで戦国武将を中心にしたイデタチで観客を魅了してるっす。米沢にもいてよかったっす。

 さて、今日メインでご紹介するのは「YOZAN戦士アヅマンジャー」(公式サイトにリンク)の皆さん。「魔女ジャミンナ」もかっこいいっす。ドロンジョ様を彷彿(ほうふつ)とさせるSM風俗系の唯一女性のキャラっす。今のジャミンナは2代目らしいすね。初代ジャミンナは米沢でダンススクールをされているとか。私的見解になりますが、このグループで一番すきなのが「戦闘員スペタノさんとコペタノさん」(画像)っす。アヅマンジャーのネーミング自体が米沢(置賜)弁が含まれるユニークなものなんすけど、「スペタノコペタノ」には笑ったっすね。ショッカー系の戦闘服のデザインもかなりいけてますぜ。

 ↓ いきなり音楽が流れます。音量には気をつけて。


 「スペタノコペタノ」は、「どーのこーの」とか「あーだのこーだの」、「つべこべ」と言う、わずらわしい状況を作る人のことを言うようっす。若い人はあまり使わないかもっすね。昨年子供とイトコの子供とショーを見に行ってそのサービス精神には感動さえ覚えました。「シャイコネー」の掛け声にも爆笑。脇役に徹しながらも悪の戦士というプライドを秘めている実に素晴らしい、そして愛すべきおふたりっす。

突然すけど ここで、

米沢弁講座)「スペタノコペタノ」の使用例

朝から文句ばかり言う上司に、

社員A「まず朝がらガミガミうるせごどなあ。」
社員B「んだず。スペタノコペタノってよぉ。」

 高畠にも「アルカディオン」というレンジャー系のキャラも存在するのでイベントで競演してもらいたいっすね。地味な米沢で派手なイベントキャラはがんばって欲しい存在でもあります。皆さん、米沢を盛り上げていただきありがとうございます。我々も愛する米沢を盛り上げてまいりましょうぜ。

ではまた。

追記)20日は米沢中央の準決勝っす。九里学園を苦しめた山形中央をなんとか破ってほしいすね。応援しますぜ。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック