かっぱ寿司

kappa.jpg
はーい!シゲちゃんでーす。

 いやぁ夏本番っすねえ。近所では町内でビアガーデンを楽しむ人たちもいて涼を求める人を多く見かけるっす。さて今日のテーマは回転寿司。米沢で回転寿司といえば?金池にある「かっぱ寿司」っすよね。年配者の方々が、夏休みの子供たちを連れてにぎわってるんすね。

 私の個人的感想を言わせてもらうと、子供にはいいけど、大人だけなら別に行きたいとは思わないっす。安いけどそれなり、つうイメージが強いんすよ。テーブルからオーダーすると新幹線風のトレイがスーッと目前に現れます。最初は物珍しさもあって何度か通ったんすけどね。

 問題はネタ。薄いし小さいし。総合的には子供向け、まあ子供だけじゃ来ないから家族連れつうことになるっす。大人が求めるのはそこじゃない。つうことで「スシロー」や「蔵すし」に走るわけなんす。でも米沢には残念ながら今のところ店舗がない。かっぱ寿司には、親戚の子供なんかが来ると連れて行ったりもするんすけど、大人だけじゃ行かないお店っすね。

かっぱ寿司。やはり経営があまりかんばしくないようっす。こんな記事が出ていました。

「安くてまずい」かっぱ寿司、経営危機的状況でも格段に美味しくなっていた!赤字の元凶は「無駄多い」経営
直近5年の通期の連結業績は深刻な状況です。12年の売上高が926億円、13年が941億円、14年が933億円、15年(13カ月)が876億円、16年が803億円となっています。売上高が大きく落ち込んでいる状況です。最終損益は13~15年で3期連続の赤字となっています。(2016.8.5ビジネスジャーナルの記事より抜粋)

 やっぱそうなのかつう感想です。若い家族をターゲットに絞り込んだ経営に徹すればいいんんすけど、どうも上層部のベクトルは一定しないようすね。これじゃ競合する回転寿司に客を取られるんすよ。丁度私がいい例だと思うっす。近所に「スシロー」でもできればゴッソリ客をもって行かれるすよ。

 もちろん地元の回転寿司もがんばってるっす。「栄助寿司」や「太助寿司」はネタに期待して行きますが、ほぼ満足できる内容っす。最近は太助寿司に行くことが多いっすね。皆さんはどうですか?まあ他にもパスタ系や中華系のお店も多いすからね。これは批判じゃなくてエールっすよ。安くて美味しいものを食べたいつうのは庶民の願いっすからね。
ではまた。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック