深夜の魚民カウンター

uotami.jpg

はーい!シゲちゃんでーす。

 昨夜は「パブ錦」さん経由で「魚民」さんでした。いきなりスナックだったため、ポテチとチョコぐらいしか食しておらず12時ごろ無性に腹が減ってきたんすよ。そこで久々に魚民さんにいったっす。時刻は深夜零時半ごろっす。

 店に入ると、ひとりだったのでカウンター席に通されました。生ビールにシーザーサラダ、しらす野沢菜炒飯をオーダーしました。少しするとひとりの男(60歳ぐらいのオヤジ)がやはりカウンター席に通されてきました。その人、かなり酔っていました。いわゆる泥酔っすね。そしてオーダーを取りに来た店員のお兄さんにからみ始めたんすよ。こりゃあヤバっす。真っ赤なポロシャツを着た建設関係っぽい日焼けしたオッサンでしたが、

オヤジ「おい、ニイチャン、米沢牛ねーか?今食いてえんだ。」
店 員「はい。このメニューにあるだけなんすけど。」
オヤジ「オマエ耳悪いのか?米沢牛っつってんべ。金はあんぞ。」

店 員「いえ、フツーの牛ならありますよ。(メニューを指して)はい、これです。」
オヤジ「おい!ケンカ売ってのか?こんなもんくえっか、ボケ!」
店 員「いえ・・じゃあ、鶏の唐揚げなんかいかがでしょ。」
オヤジ「はぁ?オレは今、牛肉じゃないと受け付けない体質なんだ。(意味不明)」

店員は飲み物を聞いて、先にビールお持ちしますと言って去っていった。

 オヤジがチラッとこっちを見たので目をあわさないようにメニューを見たふりをしてたっす。こっちまでからまれそうで。するとオヤジは独り言を言い始めたっす。

オヤジ「あの白豚(奥さんのことらしい)が・・誰のおかげでメシ食ってんだ、バガヤロ、コノヤロ。ったくどいつもこいつも・・おっ、そーだ、山田に電話すっかな。」

 ガラケーの電話を取り出し、会社の後輩と思われる人に電話をかけ始めた。

オヤジ「おお、山田。今な魚民だ。今よ、隣の客にからまれてんだ。だから今すぐきてくれ・・。なーに?来れない?オレがどーなってもいいっつうのか?お?」

haa.jpg

 はぁ?隣の客ってオレしかいねーんだけど。言ってることが滅茶苦茶っす。とにかく相手にしないほうがいいっす。

オヤジ「ったく、仕事もできねーくせに酒飲んで寝るとこだぁ?ふざけんな!おい!店員、ビールまだか、コノヤロー。社長だせ!」

店員が生ビールを持ってくると、

オヤジ「コラ!おせーぞ、オマエ。でも良く見るとイケメンだな。年はなんぼだ?」
店 員「はい、20歳です。バイトなんすけど。」
オヤジ「気に入った!よし、オマエもビール飲め!コノヤロー!」
店 員「ありがとうございます。でも仕事中なんで無理っす。」

オヤジ「はぁ?じゃあ社長に電話すんぞ、ゴラ。オレを誰だと思ってんだ!魚民の社長とはマブダチ(古っ)なんだぞ。クビにしてもらうぞ。」
店 員「それは困ります。」
オヤジ「じゃあ仕事終わったら飲ますぞ、終わりは何時だ?」
店 員「今日は遅番なんで5時です。」
オヤジ「5時?バカヤロー、牛丼屋ぐらいだべ、じゃあやめよう。」 

 私は途中から妙に面白くなって話に聞き耳を立てていた。会話が滅茶苦茶だが、面白いわけで。結局そのオヤジは鶏の唐揚を手でぺろりとたいらげ、ビール3杯飲んだところで、店員を呼んだ。

オヤジ「おい!店員!タクシーだ、タクシー呼べ!」
店 員「はい、どこでもいいですか?」
オヤジ「どこでもだぁ?ウチだ!ウチに帰るんだ。オマエはドラエモンか、お?」
店 員「はい、じゃあ今村さんでいいすか?」
オヤジ「バカ!オレは高橋だ!今村じゃねぇ、ボケ!」

話が面白いように食い違う。店員もこのあたりからニコニコしだした。まるでコントだった。タクシーが来るとすぐに来たのに「おそい!1時間も待たせやがって、コノヤロー!」と運転手にまでからんでたっす。店員が会計の金額を言うと、1万円を出して、

オヤジ「おお、ニイチャン。つりはいらねえ。なんか食え!コノヤロー!」
店 員「今おつりお持ちします。」
オヤジ「わっはっは、冗談だ、ボケ!実はつり銭がないとタクシー代がない。」
店 員「はい、つり銭お持ちします。」

店員が去ると、こちらをチラッと見た。やばい、無視しようと思ったその時、オヤジは立ち上がり私の横に来た。マジヤバ・・どーしよう。

オヤジ「お客さん、メーワクかけてすまん。よく言っておくからオレに免じて許してくれ!」
シ ゲ「いえ、大丈夫すよ。」(オマエは一体だれなんだ。)
オヤジ「本音だ、本音。本音で生きるつうことが大事だ。だべ?」
シ ゲ「そーすよね。飲んだ時ぐらいね。」(なにがなんだかわからん)
オヤジ「その通り!じゃあ悪いがオレは先に帰るぞ!あとはアンタに任せた!」

と私の肩を叩いて去っていった。台風一過、青空が・・。いや、酒臭いにおいが残ったのだった。その後、店員が「ご迷惑おかけしました。」と謝りに来たので「たいへんすね。」と言って魚民を後にしたのだった。タクシーの運転手、からまれてんだろうなあと思いながら家路につくのだった。ああ面白かった。シゲちゃんの格好のブログネタになったのは言うまでもない。今でもあんなオヤジいるんすね。バイトのニイチャン頑張れよ!オヤジも頑張れよ!コノヤロー!

魚民の接客いいっすね。気に入ったぞ、コノヤロー!
ではまた。


この記事へのコメント

  • ユウ

    たまたまこの記事にたどりつきました。
    そこいらのお笑いタレントより面白かったですよ。
    そのオヤジと名刺交換しなかったんですか?
    ではではLOL

    2016年10月10日 17:00
  • KAN

    別のサイトの「笑える話」に載ってたのではじめてきました。僕はいま東京でバイトしながらお笑い目指してます。すんません。ネタに使わせてもらいたいぐらい笑いました。この手の話もっとないですか?これって実話ですよね?面白いのでまた来ます。
    2017年02月28日 15:19
  • 忍者の里だよ

    長野よりお初です。
    戸隠(とがくし)という蕎麦と忍者の里の住人です。

    時々拝見していますが、面白い記事が多いので楽しんでおります。一度ご一緒したいですね。もちろん一杯やりながらです。長野も山形も酒と蕎麦が有名ですので自慢話といきましょうか。

    魚民の話も何度も読み直しては笑っています。
    楽しい話待っています。それで・・。
    2017年03月04日 16:26
  • じょー

    魚民移転してあの建物もなくなってしまいましたね。でもこの面白話は残っています。たまに読みたくなってくるのでリピーターですね。面白い酔っ払いは大歓迎ですねえ。この手の話待ってます、、ではでは。
    2019年01月07日 08:13

この記事へのトラックバック