米沢市人口問題

yonezawa.jpg
はーい!シゲちゃんでーす。

今回は米沢市を含む置賜地区の人口について考察してみるす。この図は米沢市の過去の人口推移実績と予測をあらわしたものなんすけど、南陽市や高畠町など近隣の地域も同じように見ることが出来るっすよ。GDフリークの右側に市町村のグラフがあるっす。面白いから見てね!

GD Freak(GDフリーク)という統計サイトがあります。米沢市役所のサイトもあるんすけど、こっちのほうがグラフ化されていて一目瞭然なんすよね。減少傾向どころか減る一方すね。米沢市の場合2000年から今年までの間、なんと1万人も人口が減っているっす。1万人っすよ。それと注目したいのが15歳から64歳までの労働可能人口とそうでない人口の比率なんすよ。このサイト、見れば見るほど面白いっす。

 いわゆる団塊の世代がこれから引退して高齢者になるわけで、それに対する労働人口が少子化の影響もあって相対的に少なくなる。つまり労働者不足が深刻な問題になるっす。私は現在56歳なんすけど、もしも老人ホームのお世話になるとしても、その頃入れてもらえる施設がないとしたらどうなるんだろう?

 これって将来の話じゃなくて現在進行形なんすよ。現に施設やベッド数は確保されていても、そこで働くサービス提供側、つまり介護職員の数が足りなくなって標準的なサービスができなくなっているんす。それが今後加速してゆくわけっす。もちろんこれは米沢や置賜に限った話じゃなくて日本全体の問題でもあるわけで、安倍総理をはじめ厚労省も対策に着手はしてるんすけど。

 だから介護職員の待遇向上や離職に歯止めをかける対策を行ってはいるっす。でも現状はどうなんすかねえ?効果が出ているとは思えないような状況なんじゃないすか?

 私の知り合いの息子さんや娘さんが研修を受けてめでたく資格をとれた。近隣の介護施設に就職が決まって颯爽(さっそう)と職場に出勤していたんすけど、先日聞いた話では、「勤務がきつくて、その割りに給料が見合った程もらえない。勤務時間も不規則で同窓会にも出られなかった。」等々の理由で結局は辞めてしったそうで現在ハローワークに通っているとか。

 私の若い頃にも、いわゆる「3K(きつい、汚い、危険)」といわれる仕事はあったっす。でもお金がいいから、手っ取り早く稼げるんで短期間働いてた、なんてことはいくらでもあったっす。その頃(1980年代)は「人口爆発」で食糧問題の方が重視されていたと思うんすよね。まさかこんな問題が将来おきるなんて思ってもいなかったっす。

 同じような問題は介護の現場ばかりじゃないすよ。すべての職場でこれから人手不足が起こりうるんす。若い人が言うには「その方が売り手市場で就職しやすいんじゃね?」だそうすけど、本当にそうなんすかね?そうなれば収入が比較的高くて安定していて、完全週休二日制の公務員や大手の企業に群がるでしょ。地元にいたくてもそんな企業がなければやむを得ず県外にいくつう流れが加速するでしょ。そうなれば「3K」な職場ってさらに人気がなくて困窮するのは見えてるってもんっす。

 じゃあどうすりゃいいの?それが現状の問題ならどんな手を打てばいいのか?厚労省ではすでに20年も前から対策に乗り出しているそうなんすけど、それでも現状を見れば追いついていないのがわかるっす。

 結局のところ、年老いたらお金がないとどうしようもない、つう結論なんすよ。だから消費は冷え込む。踊らされてお金を使ってくれる人は「アリとキリギリス」のキリギリスのような終末を迎える。安倍総理がデフレ脱却を狙って対策を行っても一時的なもので、全体の流れはいかんともしがたいのが現状なんじゃないんすかねえ。

 このグラフを見ているといろいろな事が予想できるんすよね。残念ながら少子高齢化の最先端を行っているのが日本なんすよ。つまり前例がないわけっす。だから次に同じ問題を抱える米国やドイツ、フランス、中国、韓国も日本の対応を見守っているつのも現実なんす。医療費や年金の問題も同じスケールで起きてるわけっすね。じゃあどーすんだよ?

 悲しいかな最後はお金なんすかねえ。自分の将来は自分で守るしかないんすよね。将来を悲観しても何も始まらないか。まあ私の場合、バブル全盛期に就職してさんざんいい思いしたっすしね。今の若い人は(これが出たら年寄りの仲間入り)ほんと大変っすね。でもそろそろスナックや居酒屋で酒のんでる場合じゃないかも。タバコもやめて貯金すっかなあ。ではまた。

この記事へのコメント

  • さとう たかし

    ブログ拝見
    わたしは、GD Freak「ロボクン」の生みの親兼教育係です。

    とてもぬくもりを感じさせるブログだなというのが、第一印象です。
    統計グラフというやや硬い素材から、とても深く読みとり、それを日常の問題として、取り上げている点、その慧眼に敬服いたします。

    実は私は、南陽市出身、高校は米沢。3年間下駄で汽車通しました。 ロボくんは常に未完成です。 今後ともよろしくお願いします。



    2016年11月08日 11:24
  • シゲちゃん

    丁寧なコメントありがとうございます。この記事は思いつくまま書いたんすけど、ほんと不安っすよね。 GDフリークのグラフ、これからも活用させていただきますので、こちらこそよろしくっす。

    ちなみに私も下駄で高校に通ってたっすよ。

    2016年11月10日 18:44
  • みい

    はじめまして。米沢や置賜の人口って深刻なんですね。知らなかった。私は高畠町在住ですが小学校や中学校で統合が進んでいます。子供が少ないと町に活気がないというのを最近実感しています。自分の生活で手一杯ですが、今後は社会のことにも興味を持ってみていきたいと思いました。読んでいただいたらありがとうございます。また見に来ます。
    2016年12月03日 17:04
  • ろくべえ

    こんにちわ。米沢もそうですが、10万から20万人程度の中堅都市から大都市へと若者が流出しています。理由は簡単で、経歴に見合うだけの仕事がないからです。都市部から幹部が米沢に来て指導監督して、現場で実務をするのが米沢在住の若者という構図が出来ています。なので安月給なのです。

    高卒や短大卒では低賃金なのです。もちろん昔からそうでしたが傾向は顕著になってきているのも事実です。将来に向けて安定した雇用がないから出てゆくのです。実際にUターンで戻ってきた人たちは都落ちなどと語っているのをよく耳にします。

    公務員はボーナスも支給されたようですが、みなさんはいかがですか?米沢はそこの改善が急務です。すでに手遅れかもしれません。
    2016年12月12日 14:04
  • 読者

    米沢の赤字体質を改善することを掲げた中川市政。期待はしていたが先が見えてこない。景気回復の実感などないままに、間もなく28年度を終える。人口が減り税収も減るのに費用だけが膨らむ一方。これ以上福祉に金をかけられる状況ではない。
    2017年03月10日 08:49
  • Uボーイ

    25歳です。Uターンを考えています。米沢市は毎年来るたびに都市化しています。水田が埋め立てられ路線にフランチャイズ店ができてくる。生活は豊かになるでしょうが引き換えに無くすものは大きいと思います。北海道の夕張市のようにならないことを願っています。豊かになるだけ基本的な維持費は増大します。
    2018年10月29日 14:44
  • 経済研究員

    地方都市の経済圏は破壊され中央から搾取される。廃退の時計は回り始めた。記事を読んでいてそう思った。そのうち撤退する店舗が続出する。予言しておこう。
    2018年10月29日 15:55

この記事へのトラックバック