置賜総合病院D-MAT

dmat.jpg
はーい!シゲちゃんでーす。

今日はD-MAT(ディー・マット)のお話っす。なんだそりゃ?

 実は今日10月1日、川西町の置賜総合病院で午前中かけて防災訓練が行われたんすよ。病院関係者はもちろん、新潟や近隣のDMAT(災害派遣医療チーム)の方々も参加して結構大掛かりな防災訓練ならびに緊急輸送訓練が実施されたんす。主に東根市からドクターヘリ等で緊急に搬送された重症患者を医療や輸送面で迅速的確に支援するための医療実地訓練だったんす。真近に見る発着するヘリコプターは迫力満点っす。

dmath.jpg

 D-MAT隊員さんたち、あまりにかっこいいので「頑張ってください!」なんて声を掛けたんすけど、皆さん笑顔で挨拶してくれたっす。ほんとかっこいいすねえ。ドラマの1シーンを見ているようだったす。でも訓練終了後、リアカーに荷物を積んで帰る時の姿はちょっとカッコワリーかも。ま、かっこいいばかりじゃあないすね。ミーハーすぎだべ。2014年にTBSのドラマとして放送されたすねえ。このDMATは全国に存在しているっす。

DMATとは

「DMATとは「災害急性期に活動できる機動性を持った トレーニングを受けた医療チーム」と定義されており(※平成13年度厚生科学特別研究「日本における災害時派遣医療チーム(DMAT)の標準化に関する研究」報告書より)災害派遣医療チーム Disaster Medical Assistance Team の頭文字をとって略してDMAT(ディーマット)と呼ばれています。

 医師、看護師、業務調整員(医師・看護師以外の医療職及び事務職員)で構成され、大規模災害や多傷病者が発生した事故などの現場に、急性期(おおむね48時間以内)に活動できる機動性を持った、専門的な訓練を受けた医療チームです。」

okisou.jpg

 初めて行った置賜総合病院。広い敷地にでかい建物が印象的でした。第一印象は一流リゾートホテルすかね。北側の駐車場にヘリポートがあるんす。職員の方だけでも数百人いらっしゃるでしょうね。この日は土曜日で一般外来は休診でしたが、それでも車でいっぱいだったっす。置賜では一番でかい病院なんでしょうね。

がんばってください。ではまた。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック