ラーメン博 閉店したんすけど

20160906133140.jpg
はーい!シゲちゃんでーす。

 今日知った情報なんすけど、惜しまれながら閉店した「ラーメン博(ホープビル2F)」の後に喜多方ラーメンのお店がオープンするそうっすよ。それもなんと今夜から営業らしいす。画像は全然関係ないんすけど、ないとさびしいので載せただけっす。今夜開店じゃあ載せようもないす。お店の名前すら知らないわけで。

 米沢ラーメンつうと細麺のちぢれ麺が定番なんすけど喜多方は確か違うんすよね?ラーメン(中華そば)となると嗜好(しこう)の個人差がすんごくあるわけで一概に「ここは美味い。」とか「二度といかねえ。」なんてことは言えないんすよね。

 シゲちゃんの個人的な感想で言うと、米沢の代表格みたいな「ひらま」さんや「熊文」さんのラーメンは古典的(クラッシック)。つまり昔ながらのラーメンなわけで、「三男坊」さんや「一期一会」さんは斬新的(ハードロック)つう感じなんすよね。醤油や味噌、塩ってだけでまた分かれるわけっす。

 まあ今んとこ美味いと思うのは、「心々」さんの中華そばと「大心」さんの鶏塩ラーメンすね。まあ年齢も大きく関係するっすよね。若い頃はニンニク味噌の利いた「どさんこ」の味噌ラーメンが大好きだったんすけど今食べるとどうかなとも思うすよ。

 ラーメン消費量日本一の山形県すからいろんなラーメンがあって当然でしょ。それに生き残っているお店はそれなりに評価されているつうことっすよね。いつの間にやらなくなっていたお店も過去に数軒あったっす。寒くなると熱いのが食べたくなってくる。吹雪の夜に食べた「名菜館」さんの辛味噌ラーメンは今でも覚えてるぐらい美味かったっすよ。

 職場の先輩に上杉城史苑近くの「まつかわや」さんが美味いから行ってみろなんても言われたすね。「上花輪」さんの近くらしいすね。ファミマから東へ少しいったとこ。それとか13号線沿いの「まつや」さんもおすすめされてるっす。行くとこが増えて楽しみっす。

 米沢の場合、お店で食べるよりも出前の方が圧倒的に多かったはずなんすよね。高校生の頃友人の家に遊びに行ったりするとお昼は「中華出前」が当たり前みたいな状況だったすから。その地域のラーメン屋さんからの出前なのでいろんなお店のラーメンを食べたっす。でも基本は醤油ベースの細麺中華そばだったっすね。それも地域の食文化なんでしょうね。新規開店の喜多方ラーメン、そのうち行こうと思ってるっす。もちろんその時は報告しますぜ、ダンナ。ではまた。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック