健康診断やってきた

blood.JPG
はーい!シゲちゃんでーす。

 昨日は市内の病院で健康診断を受けたっす。8時半開始で10時には終わったっす。まずはロッカーで着替えをして始まったわけっすね。

1:身長・体重の測定
2:視力検査
3:採血
4:心電図
5:聴力検査
6:血圧検査
7:問診・触診
8:X線検査
9:採尿
10:バリウム検査

だいたいこんな順序で淡々と進めていくわけなんすけど、この日は採血の時トラブル。画像と同じ感じ何すけど血管が見つけにくい場合もあるようす。私の血管も分かりにくかったようっすね。腕は普通の腕なんすけど。

看護士さん「はい、左腕を出してください。痛かったら言ってくださいね。」
と言って注射針をさした瞬間「いたっ!」と声が出てしまったっす。

看護士さん「あれ?あ!一回抜きますね。ちょっと違いました。」
シゲ「あの・・痛いんすけど・・。違いましたって。」
看護士さん「そうですね。ちょっと場所がわかんなくて、でも大丈夫。」
シゲ「はぁ・・。」
看護士さん「もう一回採血します。あとでまわってください。」
シゲ「はぁ。」

つかぜんぜん採血してないし。なんだか慣れていない若い看護士さんだったす。大丈夫じゃねぇだろと思いながら次にまわされたっす。あとで採血した時は別のベテラン風看護士さんで今度は右腕に。痛くもかゆくもなくスムースに終わったっすよ。

間違ったつう左腕は赤くなっちまいました。おかげで左右の腕に絆創膏(ばんそうこう)が貼ってあります。なんつうか人によって技術力がだいぶ違うようっすよ。ま、選べないんすけどね。これが手術だったらと考えるとマジこわいす。

私の後ろで順番を待っていたお兄さんたち二人が別の看護師さんの列に並び直していました。やばいと思ったのでしょう。それ、正解っす。笑いました。


問診・触診では、事前に書いていったアンケート用紙を見ながら、男の先生が、

先生「タバコ吸われますねぇ、20本ですか・・。」
シゲ「飲みにいくとさらに増えますが。」
先生「銘柄はなんですか?」
シゲ「銘柄?あぁメビウスの6mす。」
先生「私も同じです、気が合いますね。飲むと増えますよね。はははは。」
シゲ「はぁ・・はぁ?」

やめた方がいいですよ系の話されるかと思ってたら意外な話で少し驚きましたぜ。まあ年もいってるから今更つうことで言わないのかもしれないす。やめようかとは思ってるんすけどね。

さて、夜は三日月さんに行きました。元高校教師ののK先生、保険屋さんのSさん、たまに会うNりんさんと連れのKさんで盛り上がりましたぜ。保険屋さんのKさんは「枕営業するから保険にはいれよ。」とわけのわからんことを言ってました。だれがオッサンの枕営業で保険にはいるんだ!

つうことで無事健康診断も終わってもうすぐ年末の12月。皆様おだいじに。ではまた。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック