冬の道路はこわい

winter.JPG
はーい!シゲちゃんでーす。

 12月半ばにもかかわらず米沢~山形の道路には雪がなかったっす。そう、昨日までは。今朝7時ごろ仕事で山形市に向かったんすけどね。米沢は一面雪景色と化していたわけなんす。わぉ、久々の真冬の雪景色ぃ!国道13号線は路面凍結はなんとかまぬがれたものの、ぼーっと運転していたらかなりヤバい状況になってたっす。

 シャーベット状の路面の雪の上を通れば、ザザーッ、ハンドルがとられそうになる。昨日までのスピードだと危険を感じるので10kmほど落として安全運転。まだ薄暗い時間だったので対向車はほとんどがヘッドライトを点けている。たまにハイビームにしている対向車もいたんす。コンビニで小休止。目が疲れるっすよね。

 これから数ヶ月はこの路面状況が続く。まだ冬ははじまったばかりっす。今年の1~3月はほんと積雪量が例年になく少なかったので本格的な冬季道路の運転は慎重にしないと思わぬ事故にあうっすよ。夜に突然、横断歩道を渡る人をみつけてヒヤッとしたことあるでしょ。

 横断歩道を渡ろうとする人を見つけたら、車は止まらないといけないんすよ。これは道交法に明記されてるっす。ところが米沢ではほとんど止まる車はないんす。後ろにパトカーでもいれば止まるんでしょうが、ほんと止まらない。横断歩道上での事故はその場で現行犯逮捕されるっす。止まらないのも違反切符を切られる場合があるんす。

「横断待ちの歩行者がいる横断歩道で停止しない運転手は3ヶ月以下の懲役か5万円以下の罰金」

 法律やマナーとか以前の問題なんすけどね。でも凍結路面で急に止まったりすると後続車両に追突される心配もあるつうのも事実なんすけどね。だから市街地ならすぐに止まれる速度で走行すべきなんす。車は急に止まれないなんて言ってられないすよ。100%車が悪いことになる。

 視界が悪くなるわけでスピードは控えめにして余裕を持って目的地へ向かいたいもんすね。どんな事情があっても事故を起こしたんじゃ全てぶっとびますぜ。山形は雪はたいしたことはなかったすね。帰りの道では米沢に入ったとたん雪の降る強さが増したように思ったすね。やっぱ米沢の冬は雪が降って当たり前。気をつけましょうぜ。ではまた。

こんなサイトも参考になるっす
雪道の安全運転のページ

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック