祝!成人の日

20170106173804.jpg
はーい!シゲちゃんでーす。

 正月気分も覚めやらぬ今日この頃、今夜あたり職場の新年会、顔合わせ、賀詞交換会なんつう方々も多いのではないんでしょうかねえ。吉村県知事は無投票で再選されたすね。春から縁起がいいわいすね。さてさて、そして今年の成人の日は1月9日っすね。成人式が行われる自治体も多いはず。実施日程は各自治体に委ねられているっす。

成人の日とは?

「成人の日(せいじんのひ)は、日本の国民の祝日の一つである。ハッピーマンデー制度により、1月の第2月曜日があてられている。1999年(平成11年)までは1月15日だった。成人の日は、国民の祝日に関する法律(祝日法、昭和23年7月20日法律第178号)第2条によれば「おとなになったことを自覚し、みずから生き抜こうとする青年を祝いはげます」ことを趣旨としている。この日には、各市町村で新成人を招いて成人式が行われる。(ただし、豪雪の影響や帰省しやすい時期等を考慮して大型連休中やお盆に行われる地方も多い)

 本来、成人の日は、前年の成人の日の翌日からその年の成人の日までに誕生日を迎える人(例:1998年の新成人の場合は1997年1月16日から1998年1月15日までに20歳になった人)を祝う日だったが、2000年(平成12年)のハッピーマンデー制度実施以降では、前年の4月2日からその年の4月1日に成人する人を式典参加の対象にする、いわゆる学齢方式が定着するようになっている。」出典:ウィキペディア

20170106173841.jpg

 山形県では、天童市や遊佐町は、今年1月8日に成人式を実施してるんすね。米沢市は5月の連休中に実施しているみたいす。5月8日とか9日あたりすね。帰省しやすくて雪の影響もないこの時期を選んだんでしょう。ここに載せた画像は、「広報よねざわ」の表紙を飾ったものっすね。米沢の過去10年を見ると成人式参加人数は700人ぐらいみたいすね。

 まあそれにしても女子はすごい。金かかってんだろうなあ。親は大変だわなあ。中には自分で用意している人もいるんだろうけど、衣装代や美容院代も万単位でかかるっしょ? 派手過ぎて清楚さが見えないようにも思えるんすけど。でもまあ一生に一度だぁつうことなんでしょうね。派手すぎてなんだかキャバクラのネーチャンみたいな人もいるし(失礼)。

 話は少し変わるんすけど、以前「明るい農村」つう飲み屋さんが中央にあったんす。そこの店のスタンド看板(外に置く形式の看板)が毎年成人式のあと(当時は1月15日だった)、ボコボコに壊されるつうことがありました。マスターは「去年もやられた。また山大生だわ。ったく。」とぼやいてたっす。合計4回壊されてそのうち2回は山大生だったそうす。でも今の学生はそんな凶暴じゃあないっすよね。もう15年以上も前のことっすよ。

seijin.JPG

 成人といえば、選挙権が18歳からになって、2020年までには、18歳で成人とするなんていう法改正も検討されてるんすね。防犯や税金のからみでの検討だそうすね。そうなると酒もタバコも18歳からOKなんすよね。実際のところ18歳ぐらいから酒もタバコもやってるんすけどね。だって私が大学に入った時新入生歓迎コンパ(新歓コンパ)で先輩から無理矢理酒飲まされたんすからね。あんとき私は18歳っす。でも今の若い人は、酒すか?そんな金もったいないすよ、タバコ?体に悪いっしょ?なんて答が返ってくる。

 時代は変わってきたっすねえ。まあ新成人を暖かく迎えて、そして祝ってあげましょうぜ。私たちがヨボヨボになってるころに、ひたいに汗して年金保険料や介護保険料を払ってくれる貴重な若者なんすから。この記事を見てくれている人の中には、息子さんや娘さんがそうだつう方もおられるのでは?とにもかくにも、おめでとう!頑張れ!新成人!ではまた。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック