新手の詐欺?亡き夫宛てに不審はがき


はーい!シゲちゃんでーす。

今週の月曜日なんすけどね。一通の葉書が私宛てに届いたんす。読んでみると、「私の20代の息子が事件に関わった」ことが書かれていて、至急連絡してほしいとのこと。送り主は東京都内にある聞いたことのないリサーチ会社。この葉書は米沢の警察の生活安全課に被害防止の意味で届け出るすけどね。うちの町内にわかっただけで他に2通届いていたんすよ。全部同じ文体で同じ内容。

もちろんすぐに詐欺だとわかったすよ。だって、私には20代の息子なんていないんすよ。町内の人にも回覧して注意を呼びかけたす。まったくあの手この手だよな。働けよバカども。こわいのは私や町内の人の住所が情報としてどこかで流出して売買されているってこと。

2年前、米沢警察署から封書が届いたんす。内容はつうと、「私のデータが、逮捕された詐欺集団から押収したデータリストに入っていたので十分に警戒してください」という信じられないものだったんす。この封書も怪しいなあと思って、すぐに警察署に問い合わせたところなんと事実だったんすよ。

ネットショッピングやサイトへの登録で使ったデータが流出している。10年以上前のことすけど、私のカードが悪用されて40万円も不正に引き出されていたなんてこともあったっすよ。この時はカード会社が負担してくれたんすけど驚きました。間もなくNHKのニュースで「カードの不正引き出し事件」が放送されていたんす。

そして、今朝。

届いた葉書とほぼ同じ文体のものがテレビのニュースで紹介されていたんす。新手の詐欺の手口だとして注意を呼びかけるニュース。マジでやばいすね。下手な鉄砲数打ちゃ当たるみたいな手口でしょ。メールなんかだと誰も信用しなくなったんで今度は葉書できたってことなんすかね。悪いやつらって消えないすね。皆さん気をつけましょうぜ。ではまた。

他にもこんなのがあるらしいす
◎ 郵便はがきで届く詐欺に注意

この記事へのコメント

  • 大谷派

    ども。はじめまして。

    私は大阪在住ですけど、うちにも最近この手のハガキが届きました。無視するのが一番です。絶対にコンタクトをとってはいけません。皆さん、気をつけましょう。読んでみると文体も日本語として変です。
    2017年01月20日 11:23

この記事へのトラックバック