後楽苑でとんこつチャーシュー麺

korakuenmiso.jpg
はーい!シゲちゃんでーす。

昨日の話になるんすけど、久々に後楽苑いってきたっす。ここは混んでるっすね。まあ寒いっすから回転寿司なんかよりは暖まる熱々のラーメンなんでしょうね。

 さてカウンターに席を取り水をもらってメニューを見てると「とんこつチャーシューめん」つうのが目に入り、とんこつか、これは賭けだな、と思ったす。醤油や野菜味噌はもう食べたし、新たな冒険をという思いがあったのだった。しかし二代目司(つかさ)らーめんつうのも捨てがたい。すると、

店員「ご注文お決まりすか?」

 後楽苑のおねえさんは、やさしいイメージだったのに、なんか不機嫌そうな少し若いスタッフが声を掛けてきた。まあこの混雑で疲れているのだろう。そう思いながら優柔不断な私は、きめかねていたのだが、

シゲ「とんこつ味噌チャーシューめん。」
店員「はい、はぁ?」
シゲ「あ、その、とんこつチャーシューすね。はは。」
店員「とんこつ、すね?かしこまりましたぁ。」
シゲ「あ、あと餃子も。」
店員「だとミックスセットはいかがすか?」
シゲ「ああ、半チャーハンのやつね?はい。」
店員「とんこつチャーシューめんにミックスセットすね。お待ちください。」

ちょいと太目のおねえさんだった。悪い人じゃないと思うんすけど、ちょいと迫力があったので押されてしまった。待つこと数分でラーメンがきた。

私の知っている「とんこつ」とはイメージが違った。まろやか過ぎて万人向けになっている。塩気が足りない。佃煮昆布がはいっているが変に甘い。うーむ、私はNGだったす。もっと癖がないとね、とんこつは。でもまあ全国区のラーメン屋ではこうなるんすね。

そして餃子と絶品半チャーハンも届いた。どこが絶品なのか・・。まあまあだけど。
korakuenset.jpg

やはりここは醤油ラーメンでよかった。つうのが結論。
korakuen2.jpg
でも後から私の隣に座ったおじさんは、躊躇(ちゅうちょ)なく野菜味噌を頼んで美味そうにすすっていた。ああ、あれにすればよかったかも。優柔不断である。
korakuenn3.jpg
今度来るときは決めてからはいることにしよう。ではまた。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック