ポール・マッカートニーの話

paul1.jpg
はーい!シゲちゃんでーす。

ザ・ビートルズは皆さんご存知だと思うすが、私はその中でもポールが好きっす。最初はジョンが好きだったんすけど、たまたま高校の時に「ミュージックライフ」つう雑誌で、ポールと私が同じ誕生日だったのを知りすぐにポールファンに鞍替え(ミーハーな上、軽い)したわけっす。ポールは1942年6月18日生まれ、私が1960年なんすね。つまり私より18歳ポールが年上なわけすね。

先日たまたまブックオフで「ポール・マッカートニー」という文庫本を見つけ買ってきて今読んでます。幼少時、ジョンとの出会いからビートルズの解散、ウィングスの結成、ソロになるまでが詳しく書かれています。これも何かの縁だろうと神棚に飾ってから読んでます(笑)。

 彼は気難しいジョンやジョージと違い社交的で冗談もポンポン飛び出す人のようです。そんなポールも今年75歳。高齢者なんすね。昨年の画像を見ると多少ショックを受けますがそれでもポールはポールっす。先になくなったジョンやジョージはもう永遠に年をとらないわけで、ポールとリンゴは年を重ねています。残酷だよなあ。そういう私もそれ相応に老人化が進んでいます。
paul2.jpg
おそらく10年後もビートルズを聴いていることでしょう。皆さんはそんな存在ってありますか?ではまた。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック