卒業おめでとう!

sotsugyo.png
はーい!シゲちゃんでーす。

昨日、今日と米沢市内の高校で卒業式(卒業証書授与式)が開催されたそうす。3月、春ですなあ。就職する人、進学する人と様々なんすけど、それぞれが夢と不安を胸に羽ばたいてゆくわけっすね。うーん、キュンとくるっすね。

私の時も同窓生がばらばらになっていったすね。私は何度かこのブログに書いているんすけど、とにかくこの町を出たかったわけで、親元から離れたかったわけで。東京にいける、そう思うだけで飛び上がりたいほどの喜びだったっす。やっとこのクソ田舎から脱出できる。

それならなんで米沢に帰ってきたんだよ?そうすよね。建前上は「長男で家を継がなければなかったから。」つうことにしているんすけど、実は米沢に帰りたくなったからつうのが本音っす。東京や外国の都市はそれなりに刺激があったし毎日が夢のような日々でもあったんす。でも米沢の小中高校と米沢に慣れ親しんだものは、そう簡単には消えなかった、のです。

卒業して新しい仲間もできて浮かれていたあの頃。日本を飛び出そうともがいていたあの頃。海外で差別を受けたり超ビンボーで異国の仲間たちと衣食を共にしていたあの頃。今では全部が財産だと思ってるす。

それでもどうしても米沢に帰りたくなった日。雨の降る公衆電話ボックスで、母に「帰りたい・・。」と泣いた夜。「いつでも帰って来い。」と言ってくれた・・。

昔なら「都落ち」今で言えば「負け組」かもしれない。

でも色んな経験をしてわかったのが、帰る場所があってよかったってこと。それが私の場合「米沢」だった。

みんな卒業しても米沢に帰ってこいよと、今ならいえる。

人口少ないし、市の財政が赤字だし、雪がすごいし、かっこよくないし、給料安いし、仕事も少ないし、スタバないし、スシローもないし、アメ横もないし。でも、おまいら、帰ってきて一緒にこの町を良くしよう。

・・・。

なんだか自分でもキモい展開になってきたのでこの辺で。ではまた。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック