米沢市の生活保護費(1)

hogo.png
はーい!シゲちゃんでーす。

「都道府県・市区町村ランキングサイト 日本☆地域番付」というサイトがあります。ここは過去のデータを元に、地域ランキングをしているサイトなんすよね。そのデータで米沢市が県内1位だった項目があります。

それは、
20170307181406.jpg
「生活保護費」のランキング。データは2014年なので多少賞味期限がヤバいかもしれませんが、「1位」なんすよ。山形市や鶴岡市をおさえての堂々1位。これは支給金額を人口で割ったもの。それでランキングしてるす。米沢市は16万1千円すね。

2014年の生活保護支給費が14億円超えてるんす。このサイトの人口データは2010年と古いので2014年のデータにしてみると、8万6千人だから、16万7千円になりますぜ。ダントツの1位すね。これは支給額じゃないから間違わないでね。あくまで「生活保護費として米沢市が支給した金額を人口で割ったもの」。ここ数年は生活保護審査が難しくなっているらしい。それでも受給者が増えているってことでしょ。

生活保護を受けるのが悪いって言ってんじゃないすよ。日本国憲法で保証されている権利すからね。必要な人は当然の権利として利用すべきです。で、

あ!米沢市の生活保護の記事があった!

米沢市の生活保護の状況「山形県米沢市の人口数は、平成28年度の米沢市の調査によると約85,157万人、32,754世帯です。そのうち米沢市での生活保護を利用されている人数は、およそ923人で約708世帯となっています。米沢市の調査からみると、生活保護を受給している人は統計を取り始めた平成19年では476世帯603人、24年では747世帯1,004人と、年を追うごとに激増しているのが現状です。また、「山形県の住民一人あたりの生活保護費ランキング」では、米沢市の住民一人あたりの生活保護費が16.1千円で数ある市町村の中でだんとつの1位という結果も出ています。最下位は寒河江市で4.4千円でした。」

これが山形や鶴岡よっか多いつうことなんすね。なんでだろ?高齢化はどこでも大差ないものと思っているんだけど、この差はなんだろう。米沢では母子家庭に全国でもトップクラスの額を支給しているのも影響してるのだろうか。それとも、だいぶ前から言われている格差社会が米沢市は度合いが進んでいるんだろうか。震災の影響とかもあんのかな?でも米沢だけじゃないすからね。市会議員さんに聞いてみたいす。どう分析してるんだろ。

相対的格差でみるとそれほど差はないと思うんだけどね。昔と比べて身なりでは判断しにくいってこともあるし、個人情報は守られているからそんなデータも出てこない。

大人はいいけど問題は子供だよね。6人にひとりは貧困家庭だというデータもあるし。少子化に格差社会の問題。賃金格差は確かにあるからね。でも米沢市は年間363億円以上の予算を組んでいる。平均すると1日1億円かかっているってことになる。生活保護費は国からだから市の予算は関係ないか。でも対策とかあるでしょ。米沢市政ではどう取り上げているのか疑問だよね。その辺調べてみっかな。つうことでこれは続編に続けてみるっす。ではまた。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック