神様はいますか?

randy.jpg
はーい!シゲちゃんでーす。

今週は2冊の本を読んでます。同じ本を一気に読まないので疲れないんすね。1冊目は歴史系の本で、2冊目が今回ご紹介する「神様はいますか?(田口ランディ著)」すね。画像の本っす。彼女を知ったのはもう10年以上前かな、メルマガを購読してたすね。

代表作は「コンセント」「アンテナ」「モザイク」すね。今回は「神様はいますか?」つう本っす。これがなかなか深いんすよねえ。まあ内容は書かないすけど彼女は本音で書いている。さらけ出している。こんなの読むと自分は作家には到底なれないって思うんすよね。

小説にせよエッセイにせよ自分の投影でしょ?過去の経験値の上に成り立っているんすからね。この本はその意味でも深いんすよね。米沢のブックオフにもあるんじゃないかな?是非とも読んでみてほしい一冊っすね。できればこれから新しい世界に飛び込む諸君にも読んでほしい。自分の転機に読むと新しい何かが見つかるかもっすね。ではまた。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック