そしてエアロスミスと出会った

aero2.jpg
はーい!シゲちゃんでーす。

 あれは高校1年(1976)の正月だった。ズッシリと重い正月の新聞。分厚い新聞を開いていくと全面広告のページにこの画像が載っていた。AEROSMITH "ROCKS"(エアロスミス/ロックス)のレコードのジャケット画像だった。5個の光り輝くダイヤモンド。「既存のロック概念を変えるエアロスミス入魂の一作」と添えてある。

「こっ、これは!」

始めて見た時強い衝撃を感じた。これは絶対に買わないといけない。ビートルズやクイーンやキッスとは何かが違う。新しい世界への扉かもしれない。早速米沢中央にあったブック&レコード「ハラトク」に走った。胸の高鳴りはピークを迎えた。着いた。

正月で休みだった。

今は正月でも通常営業の店がほとんどだが、当時は初売りといえば明けて2日と決まっていたのだ。入口には「迎春 2日初売り」の文字がポスターで貼ってあった。翌日、10時に買いにいった。買ったのはもちろんLPレコード。CDなんてなかったすからね。金色の帯がまぶしかった。

早速、聴いてみる。床の間の横に置いてあった日立の木製プレイヤー(ほとんど家具)。レコード針を落とすといきなりの「バック・イン・ザ・サドル」。ダンダカダンダカのリズム。

こっ、これだぁ!

ビートルズとの倦怠期をぶっ飛ばすリズムとスティーブン・タイラーの叫び。

次の瞬間、「バカヤロー、うるせーぞ!」

親父の声だった。やむを得ずヘッドフォンのジャックを差し込んだ。一気にA面終了、興奮冷めやらぬままにB面に突入。なんというメロディアスな展開、鳴り続けるジョー・ペリーのギターのうねり。ジョーイ・クレマーのズンズン来るドラムス。もう犯されたような衝撃だった。ロックに対するイメージを変えられたアルバムだったのだ。
aero4.jpgaero3.jpgaero.jpg
その後もエアロスミスにはまり続けた。もちろんキッスが正妻だったが、この執拗なアプローチには手の打ちようがなかった。アイ・サレンダー、降参だった。解散かという時期を乗り越え現在も一線で活動している。正に頂点に君臨するスーパーバンドだ。無論私見だが、このバンドを上回るバンドは未だ現れていない。日本のロックバンドにいたっては、全てがエアロスミスの亜流でしかないのだ。この意見に賛同する諸君は多いはずだ。

そんなエアロスミスが、ローリングストーン誌のニュースに取り上げられていた。寄る年波には勝てないというのか。若い諸君にも聴いてほしい。

エアロスミス、2017年に「さよならツアー」実施を検討

ではまた。

この記事へのコメント

  • みっちょん

    エアロはいいね。特に初期の頃は今聴いても古さを全く感じない。僕は「Toy in the atick」がおすすめ。もちろん「rocks」は名盤です。
    2017年03月18日 16:14
  • トシ

    このレコードで俺の人生は狂った
    今スタジオ音楽家してますがなにか?
    2018年10月25日 16:43
  • ジャック

    俺と同じだ‼️
    2019年11月16日 18:26

この記事へのトラックバック