西吾妻スカイバレーが冬季閉鎖を解除しましたぜ


はーい!シゲちゃんでーす。

 昨日(27日)の午前10時、西吾妻スカイバレーが冬季閉鎖を解除。つまり開通したんすね。この路線は山形福島両県にまたがる山岳道で路県道2号線というのが正式名称。白布温泉と裏磐梯を結ぶ道路。福島側のクネクネ道路が面白い。私も免許取立ての頃母の軽自動車で行ってみたことがあるんす。その頃は有料道路で400円ぐらいだったすかね?いまいち記憶がいい加減すね。

 今年の冬は例年並みの積雪だったそうすけど、昨年に比べたらだいぶ多かったらしいすね。つか昨年が少なすぎたんす。だからいまだに積雪2mなんて場所もあるそうす。当面夕方5時から翌朝7時までは閉鎖するそうっす。夜間は路面凍結の可能性が高いからだそうすね。夜間の山はほんと寒いすからね。

グーグルマップ
西吾妻スカイバレーを含む山形・福島県道2号線の説明(ウィキペディアより)
山形県と福島県の県境にある白布峠(しらぶとうげ)を越えて、米沢市と裏磐梯・猪苗代とを結ぶ路線。白布峠越えの区間は冬季閉鎖があり、磐梯山東側を回り込む裏磐梯から猪苗代の一部区間は、国道459号と重複する。米沢市でも特に豊富な積雪量で知られる天元台高原スキー場へのアクセスはこのルートによる。一部は山形県道路公社が管理する西吾妻スカイバレーという観光有料道路だったが、(2005年に)無料開放された。会津若松と米沢とを結ぶ道は、明治時代以降は大峠越え(国道121号)がメインルートとなっているが、本路線の祖にあたる江戸時代以前の会津街道は白布峠のすぐ西に位置する桧原峠を越える道筋であった。

 この峠はやっぱランクル系がいいんすかねえ。下界が暑いときにはうってつけの避暑ルートかもしれません。ではまた。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック