三国志(光栄)再びはまる

sangoku.pngsangoku2.png
はーい!シゲちゃんでーす。

 昨日の午後なんすけど家族に「これ粗大ゴミに出していい?」と言われ見に行くとブラウン管テレビとスーパーファミコン、それに十数本のファミコンゲームカセット。もう十年ぐらい遊んでいない。車庫の空きスペースに置いてあったんすけどね。無料のゴミ回収のチラシがポストに入れてあって、これに出すんだそうで。でも見に行くと無性にプレイしたくなって待った!をかけたんす。

 その中に光栄つう会社の「スーパー三国志Ⅱ」ってのありました。だいぶ昔になりますが寝不足になるほどはまったゲームっすね。ご存知中国の三国時代を小説にした三国志演義が元になっているゲームっすね。早速部屋に持ち込み接続。動くかなあ?不安もあったんすけどなんとかプレイできるようだ。ユーチューブにあったので載せますね。これマジにはまったっすね。


 三国志といえば司馬遼太郎さんのものが有名なんすけど難しすぎて挫折。でもこのゲームでは次々に現れる武将の数々に圧倒され気を抜くと本当に国が滅んでしまう危機感もあいまって徐々にはまってゆきました。ファミコンの他にも移植されて大ヒットになったんすけどスーファミ版が最高なんす。一番好きな武将は趙雲と張遼すね。強いしかっこいいっす。

昨夜は気がつけば3時間もやってましたぜ。ドラクエよりも面白い傑作でしょう。
ではまた。

この記事へのコメント

  • 関羽

    はいはい、ごめんよ。三国志マニアの関羽と申します。いいですねえ。私もこの三国志Ⅱの大ファンです。その後のⅢやⅣも出ていますが、シンプルで分かり易い。このⅡが好きというのはかなりの三国志好きと思われますがいかがでしょう?このゲームソフトは一生ものですよね。ジジイになっても楽しめる。
    2017年06月01日 17:17

この記事へのトラックバック