ブロック塀の修理に挑戦

mon.jpg
はーい!シゲちゃんでーす。

 寒かったり暑かったりこの時期は着ているものの調整が必要っすね。それに曇りでも意外に紫外線が強いので日焼けには注意っすね。

 さて、今回は家の玄関付近のブロック塀が二箇所壊れているので修理に挑戦したっすよ。まだ一箇所だけの修理っすけどね。私の家の屋根は「へ」の字型で雪がある程度積もると勝手に落ちてくれます。だから雪下ろしは一度もしたことがありません。が、その落ちた雪の片づけが大変なんすね。

 窓の上まで積もるとスノーダンプで除雪しないといけません。結局は苦労からか逃れられないつうことっすね。その雪が玄関周りに3mもの高さに積もります。そうなると除雪する際にブロック塀の上にスノーダンプをぶつけたりします。

 その結果、今春なんすけど、ブロック塀の一番上がズレて落ちそうになっていたんすね。落ちたりしたら大変っす。大人二人でやっと持ち上がるほどの重さがあるんす。そこで下に下ろしておいたんすね。車に落ちたら大変。子供が遊んでいて落ちたらもっと大変。

 でもいつまでもその状態は良くないと思い、ホームセンタームサシさんに行ってみました。もちろん自分で修理できるのか相談っすね。業者さんに頼めばいいとも思ったけど問い合わせたら5万円からと聞いてやめました。

 ムサシの資材コーナーにいくと担当のおじさんが丁寧に教えてくれました。携帯に撮った画像を見てもらい直せるでしょうかと聞いてみた。

おじさん「これ重いよね。でも直せるはずだよ。重い分だけ結着しやすい。」
シゲ「おお直せそうですか?セメントで固めるんすね?」
おじさん「いやセメントじゃなくてモルタルといってね。接着剤みたいなもんだね。」
シゲ「それって高いんすよね?」
おじさん「ん?4~5百円で買えるよ。これだけならそんなに要らないと思うけど。」
mon2.jpg
シゲ「えーマジすか、是非ともやり方教えてもらえませんか?」
おじさん「袋の裏に書いてある通りにすればいいですよ。」
シゲ「なるほど、量を量って水を混ぜてこねるんすね。」
おじさん「コツはね、分量とよく混ぜること。」
シゲ「ほうほう。」

おじさん「あとは乾燥しやすい晴れの日の午前中やること。」
シゲ「雨の日はだめでしょうね。」
おじさん「だめだよ。できれば気温が25度以上だといいよね。あとね、塗る前接着面両方に水を含ませることだね。のりしろみたいなもんで、乾いてると後で割れやすいんだよね。ここ重要だよね。ジョウロみたいなのでサーッとでいいよ。かけすぎもダメ。」

シゲ「ほうほう。これを練るなんていうんすかね。左官屋さんが使うやつ。」
おじさん「いや高いの買うことないよ。ダイソーで探してみればいいよ。」
シゲ「あ、あるかも。まあ今回だけすからね。」

おじさん「なんでも経験だからね。やってみて損はない。」
シゲ「やってみます。ありがとうございます。」
おじさん「重そうな頭石だから気をつけてやってみて。」
シゲ「はい、弟に手伝ってもらいます。」

会話が長くなったすね。

 さて先週の暑かった日に早速一箇所目を実行。魚を送ってきた保冷用発砲スチロールの箱にモルタルの粉を量って入れて水を足してひたすら練った。だいたい5分ぐらいすね。それをつなぎ目に平らに塗っていった。そしてブロックを乗せて固定。さらに隙間に塗っていくわけすね。今日で1週間ぐらいなんすけど問題なく固まりましたぜ。ムサシの担当のおじさんありがとうっす。なんとかなりました。また何かあれば相談にいきます。

 来年の春までもつのか楽しみっすね。いろいろやってみると面白いすよ。ではまた。

この記事へのコメント

  • 中野ジンタ

    こんにちわ。ブロック塀を修理ですか。DIYですね。何でもやってみないとわかんないから、いい経験ですね。私は今年から畑に挑戦しますよ。トマト、きゅうり、なすの3種類です。
    2017年05月30日 13:57

この記事へのトラックバック