犬と猫

dc.jpg
はーい!シゲちゃんでーす。

つうか久々すぎてなんだかわかんなくなっちまったすね。最近PCの電源を入れるのも面倒になってきた感じがするっすよ。

なーんでか?

スマホに変えたからなんすね。ほとんど事足りてしまうのでそうなってきたんすよ。でもたまにはPCでゆっくりと動画や記事を見てみたいとも思うわけでして・・。

さて今日は朝のラジオでいい話を聞いたから書いてみようと思ったっす。

テーマは子供の教育。ラジオで紹介された内容はざっと以下の内容だったっす。

「私は学校の教育カウンセラーをしています。よく保護者の方々から相談を受けるのですが、ほめて育てるべきか厳しく育てるべきか。その時々に応じての対応が必要ですとお答えしています。

動物にたとえるのはいかがなものかと思われる方もおられるとは思いますが、子供を犬や猫にたとえてお話します。

 幼少期や小学生までは犬、中高生の青年期は猫にたとえてということです。幼少期は子犬と接するようにとにかくかまってあげること。散歩やじゃれあいを通して相互信頼をはぐくむ。青年期は子供は猫のように単独行動をはじめたり親との行動をさけたりするようになる。だからといって放任はせず見守ってあげて必要なときにはアドバイスをする。」

 かなり大雑把な書き方すけど大体はそんな感じだったっす。ラジオでこの話を聴いていて、確かにそれは当てはまる。自分の若い頃を思い出してもほぼ当たりに近いかもなと思うわけなんすよね。依存から独立へと向かう時期が中高生の頃でしょ。友達もできて悩みも増える頃だと思うんすよね。これは使える話なんでここに記録しておこうかと思ったわけす。

そうか犬と猫だったんだ。

皆さんはどーすか?
ではまた。

この記事へのコメント

  • わんこ

    生存確認求
    2018年03月03日 20:17
  • モンテ王

    しげちゃん
    この記事から3ヶ月経つよ
    そろそろ書こうよ
    2018年03月05日 19:05